がんに負けない免疫栄養ケトン食療法セミナー!水素・温熱・磁気・波動による健康法!バイオロジックヘルスは次世代の健康づくりをおススメしています。



ガン縮小・消滅に挑む次世代のガン治療は食事療法!免疫栄養ケトン食療法セミナー!


バイオロジックヘルス(BLH)は、ステージWの進行・再発大腸がん、乳がん、膵臓ガン、肺がん、脳腫瘍などの患者さんを対象に「免疫栄養ケトン食療法セミナー」受講の申し込みを受け付けています。

本セミナーは、Part-TからPart-Vの3回に分けてテーマ別に「自己免疫力でがんを倒す!」ための解説をもとに、糖質制限(ケトン食)を主体としたがん免疫栄養療法セミナーを4月より毎月開催しています。詳しいことは、こちらのセミナー紹介からお願い致します。

ケトン食がガンを消す

10月18日新書出版を記念して、新たに「一日で学ぶ!免疫栄養ケトン食療法セミナー」を上記の本セミナーと同時募集いたしております。ステージU以上のがん患者さんで現在の治療にご不安をお持ちの方、食事療法にご関心のある方は是非、こちらの「一日で学ぶ!がん免疫栄養ケトン食療法」をご参照下さい。

水素吸入装置「スイソニア」で本格的な水素吸引!、水素のチカラで悪玉活性酸素撃退!」 主なるターゲットは、は、最難関の『がん治療』です。
BLHでは、今後のがん医療への期待と地道な成果を顕現するため、現在、
世界的に注目されている「水素のチカラ」を活用して参ります。

がんは二人にひとりが罹患する時代です。
現在、次世代のがん治療法の確立に向けて、日夜奮闘続ける「がん専門医」の
切実な思いが実現して、がん患者さんの福音となるようBLHは全面的に支援しています。

アンチエイジング時代の救世主! 水素!  

『不治の病』がんに挑む!
正しい知識と効果的な治療を組み合わせれば、がんは決してコントロールできない病気ではありません!
がんの治療効果を抑えている物質の最大のものは、活性酸素の中の悪玉によるものです。 水素のチカラで悪玉活性酸素撃退!お奨めの水素吸入装置「スイソニア」

悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)は、酸化力が強く善玉活性酸素の
約50倍と言われています。
ある大学の説によれば、「がん患者の直接の死因の8割は抗がん剤の副作用」
ということですから、抗がん剤の効き目はいくら大きくみても約20%どまりです。

私たちが生きている以上、活性酸素は発生します。
特に食べ物や感情によっても悪玉活性酸素の発生量は変化します。
ですから、がんの治療だけでなく、食生活をはじめとした
生活習慣の改善が大切です。

本格的な水素吸入は「スイソニア」が一番人気の評判、水素は身体にとって良いことがいっぱい

強い酸化力を抑えられるのは「水素」です。
副作用もなく、安全に確実に悪玉活性酸素をやっつけてくれます。抗酸化成分である
ポリフェノールやビタミンEなどは副作用がまったくないわけではありません。体力の
弱った方には副作用がなく、細胞を傷つけない「水素」が一番です。

水素は若さと健康を保つ重要な「キーワード」です。
水素は、身体のサビをとる「次世代の健康づくり」には
欠かせない分子の最も小さい物質です。
老化や病気を引き起こす活性酸素、それを除去してくれます。


「水素治療が未来を変える!」と言っても過言ではありません。
水素が持っている素晴らしいミラクルパワーで「老化を防ぎ、肌を若返ら せ、痛みや炎症を解消し、クスリの効き目を高める」などの効果が期待で きます。からだに害もなく、自然環境にも優しいパワーを秘めています。 車も水素で走る時代です。

次世代に向かって、クリーンエネルギーを注入し、
「体質改善してハイブリッド化」しないと
車に(時代に!)乗り遅れてしまいますヨ!


「次世代の健康ライフ」は、悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を解消する「水素のチカラ」が一番!水素吸入は「スイソニア、ラブリェリュクス」が一番人気と評判、車も人間もクリーンなエネルギーを必要とする水素の時代です。!

今、密かに注目の栄養療法!がん治療を変える?!

日本初、がん治療の専門医が進めている「がん栄養療法」が今、ひそかに注目されています。

その名は「免疫栄養ケトン食療法」。現在、進められている「免疫栄養ケトン食」は「がん、それもかなり進行したステージWに特化した栄養療法」として、他の糖質制限との違いをは明確に区別しています。


平成27年1月より、ステージWの進行再発大腸癌、 乳癌患者さんを対象に食事療法を実施し、抗がん剤との併用でも、その安全性と効果が検証されました。

平成28年1月からは、全国の患者さんを対象に、高濃度ビタミンC点滴療法や免疫細胞療法との併用も行ない、さらなる治療効果を目指すことになっています。


今後とも、臨床データを積み重ねて,高い信頼性のある「治療法の確立」のために引き続き、「がん免疫栄養療法」をセミナーを通じて、広めていくことが重要と考え、「免疫栄養ケトン食療法」を確立した輝鳳会池袋クリニックの古川健司先生のセミナーを企画することとしました。今後とも多くの方々に「がん栄養療法」がご家庭で実践できるよう支援して参ります。


今後は「免疫栄養ケトン食療法」のセミナーを随時
行なっていきます。

がん患者さんおよび家族の方で関心をお持ちの方は、
このホームページでセミナーのご案内を致しておりますので御覧下さい。

『健康長寿』社会の環境づくり!

三大治療の効果を最大限に引き出すためには、栄養療法以外にクリニックを必要としない、
水素・温熱療法 + 自律神経免疫治療(気血免疫治療)、波動・磁気療法などといった
エネルギー療法を提供する「健康サロン」の必要性があります。

BLHでは、水素療法などのエネルギー療法を導入する「クリニック」と「健康サロン」の
連携を重要視したネットワークを全国に展開していくことからはじめます。
抗がん剤の副作用によるQOL(生活の質)の低下でお困りの方、
慢性持病で苦しんでおられる方々を支援して参ります。

21世紀は波動の時代、エネルギーの時代とも呼ばれて
います。私たちの生活環境は便利になる一方ですが、
病人は減らないのが実情です。このような現状を少しでも
打開するには、自由な発想(とらわれない着想)と確かさ
(エビデンス)
をもとにした、ひとり一人に合った効果的な
治療法が大切です。

BLHでは、現在、病院・クリニックで行なわれている治療を
継続しても「保険診療では治療を受けられない」で困って
いる方々の受け皿となり得る「健康サロン」を広め、医療
難民
と呼ばれる方々にも治療の恩恵が行き渡るよう、
進めて参ります。

2015年4月より健康食品の新表示がスタートし、
効能効果が表示できるようになりました。
しかし、今まで以上にメーカーの自己責任で
「効能・効果が前面に出てくる!」ことが予想されるため、
逆に何を選んでよいのか選択に困ることが予想されます。

詳しくは、消費者庁のパンフレット「新しい食品表示制度」がこちらから↓↓↓閲覧できます。
  表面:新しい食品表示制度   裏面:食品表示のここが変わる!主な変更点の紹介

このような現状を踏まえて、各分野の専門医の先生のご協力のもと、実際の医療現場で使用されていたり、
学会、研究会、大学などの研究機関で、きちんとしたエビデンス(科学的根拠)がある健康食品や健
康器具をご紹介しています。

TOPICS

  • 2016年10月18日、「ガンを消すケトン食!(仮名)」が出版されます。「がん免疫栄養ケトン食療法セミナー」でも紹介されている内容の一部が書物として登場します。今回は「ケトン食でなぜ、ガンが消えるのか?」というキーワードを中心に臨床に基づいた実効症例などをご紹介した初版になります。
  • 2016年9月7日、弊社が応援するがん専門医が実践する「がん免疫栄養ケトン食療法」の独自性が認められ「イムノケトジェニックダイエット」の商標登録が受理されました。一般のケトン食とは一線を異にしています。
  • 2016年7月1日、月刊経営情報誌「リーダーズ 7月号」(兜道通信社)に弊社古川亘洋代表取締役が掲載されました。タレントの島崎俊郎さんがインタビュアーで約40分行なわれ、会社設立にいたる経緯や仕事にかける情熱、今後事業展開などについて記載されています。
  • 2015年12月1日から、厚生労働省は従業員50名以上の企業に対して「ストレスチェック制度」を導入、義務化に踏み切りました。BLH健康サロンは本制度を支援する一環として「生活改善の動機づけ」などを提案しています。
  • 2015年8月9日(日)、神戸にて「次世代の水素療法」セミナーが開かれ、がん治療で水素療法を導入している医療法人輝鳳会「池袋クリニック」の先生をお招きして「水素の基礎知識」、「水素の人体における効果」、「質疑応答」などが行なわれた。専門医による医学的なエビンデンスに基づく「水素の効果」の説明会は全国的にも珍しい。
  • 2015年6月より、医療法人輝鳳会「池袋クリニック」は安定・安全で本格的な水素生成・吸入装置を導入、高活性NK細胞療法や、高濃度ビタミンC点滴療法と水素吸入療法の併用を開始した。

    NK細胞活性を低下させる最大の原因(特にストレス)から生じる「活性酸素(4種類)」を水素吸入の併用によって、すべて除去し治療効果を高める狙いがある。
  • 市場規模が1兆2000億円と言われる健康食品業界!2015年4月1日からその表示の在り方が変わります。これまで禁じられていた「体にどう機能するのか」の表示が、一定の科学的根拠がある製品には、企業の責任で認められるようになった。

新着情報

2016年 7月24日
東京丸の内「日本生命丸の内ガーデンタワー)に於いて「医師が教える!エビデンスに基づいた水素療法の導入セミナー」(午後)を開催。がん患者さんや受講者の方々の水素吸入装置「スイソニア」による水素吸入体験および、酸化還元確認計「アラ!元気」によるサビ度合いの測定確認」、質疑応答などが行なわれました。
2016年 7月24日
東京丸の内「日本生命丸の内ガーデンタワー)に於いてステージWのがん患者さんやご家族の方を対象にした、「がん免疫栄養ケトン食療法セミナー説明会」(午前)が、第1期がん免疫栄養ケトン食療法セミナー受講の方々を中心に行なわれました。
2016年 6月中旬〜
バイオロジックヘルス株式会社(BLH)の公式サイト、リニューアル準備中!(8/15更新予定)。
2016年 6月19日
第1期がん免疫栄養ケトン食療法セミナーPart-V『糖質耐性と免疫抑制を解除し自己免疫力でがんを倒す』を東京丸の内「日本生命丸の内ガーデンタワー)」で行ないました。
2016年 6月11日
第16回日本抗加齢医学会総会(横浜)に於いて、弊社が応援するがん専門の医師が『がん患者に対し高濃度ビタミンC点滴と水素吸入による唾液ORP値の変化に関する検討』並びに『抗酸化サプリメント摂取による抗酸化力(唾液ORP-酸化還元電位値)の比較検討』に関する臨床結果の発表を行いました。
2016年 5月22日
第1期がん免疫栄養ケトン食療法セミナーPart-U『ケトン体をより多く出すには!』(ケトン体が出ない場合の傾向と対策)を東京丸の内「日本生命丸の内ガーデンタワー)」で行ないました。
2016年 4月24日
第1期がん免疫栄養ケトン食療法セミナーPart-T『どうすればケトン体でがんが縮小するか』(抗癌剤の副作用を減らし効果を高めるケトジェニックがん免疫栄養療法)を東京六本木「泉ガーデンコンファレンスセンター」で開催、質疑応答を含め盛会裏に終了しました。
2016年 1月10日
第19回日本病態栄養学会年次学術集会(横浜)に於いて、弊社が応援するがん専門の医師が日本初!免疫栄養ケトン食による「ステージWの大腸癌、乳癌の食事療法」に関する臨床研究!の結果を発表致しました。
2015年10月29〜31日
第53回日本癌治療学会学術集会(京都)で、弊社が応援するがん専門の医師が日本初の糖質制限食によるがん治療に関する報告など3件の発表を行いました。
2015年5月30日
第15回日本抗加齢医学会総会(福岡)で、弊社が応援するがん専門の医師が水素水を用いたピロリ菌の除菌に成功した症例を発表しました。
2015年5月31日
第15回日本抗加齢医学会総会(福岡)で、弊社が応援するがん専門の医師がフジカ スマーティレッグホットのがん治療における成果を発表しました。
2015年7月 
バイオロジックヘルス株式会社(BLH)の公式サイトオープン

水素温熱療法で健康づくり

バイオロジックヘルス(BLH)は、栄養療法と水素温熱療法といったエネルギー療法を提案する、次世代の健康を考える会社です。 「水素のチカラ」を有効に摂り入れるための『水素吸入水素発生器)』や遠赤外線温熱療法器磁気治療器といったおすすめ商品の販売や、栄養療法セミナーなどを通じて、次世代の健康ライフの提案を行っております。